English version

INFORMATION

H29年度第1回講演のお知らせです。 【更新日 2017/05/22】new


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日時 : 平成29年6月24日(土)
講演会 − 13:00〜16:30
懇親会 − 16:45〜19:00(予定)

会場 : 国士舘大学世田谷キャンパス
・小田急線梅が丘駅下車、徒歩9分
・東急世田谷線松陰神社前駅または世田谷駅下車、徒歩6分
・JR渋谷駅西口バスターミナル30番乗り場
・渋52「世田谷区民会館」バスで終点下車、徒歩1分
アクセス

講演会 −世田谷本部校舎8号館4階8403番教室
懇親会 −世田谷本部校舎1号館(中央図書館前)地下1階 食堂

会費 :5,000円(懇親会費を含む)

講演(1)
講演者 :日本電気(株)テレコムキャリア企画本部 加藤周之氏
講演題目:ソフトウェア開発の事業性審査について事例紹介
講演概要 : 通信キャリア向けインフラ機器のソフトウェア開発に関わっている経験から、ソフトウェア開発の企画立案する際に何が重要か、何を 考慮すべきか等について、事例を紹介する。

日本電気HP

講演(2)
講演者 : 山口大学大学院 創成科学研究科 工学系学域 循環環境学分野 佐伯隆教授
講演題目 : 複雑流体に関連した産学共同研究
--抵抗低減効果の実用化及び静的流体混合装置の開発--
講演概要 : 機械、土木、化学工学の分野では、基礎科目として水や空気のようなニュートン流体の流れを学習する。しかし、工業界においては、 粘度がせん断速度に依存する非ニュートン流体や、固体のように弾性を示す粘弾性流体をはじめとした、いわゆる「複雑流体」と呼ば れる流体を頻繁に扱う。講演では演者が産学共同研究を通じて行ってきた複雑流体に関する二つのテーマ(副題)を取り上げ、流体輸 送の省エネルギーと流体混合の高効率化についての取組みを紹介する。

佐伯・貝出研究室HP

本NPO法人とインドネシア大学との共同研究が始まりました。 【更新日 2017/01/23】new



インドネシア大学工学部にて開発した小型水車及び太陽光パネルによる発電システムと 本NPO法人が開発した小型給電器を組み合わせた再生可能エネルギー有効利用のためのシステム構築を目的とする共同研究を行うこととなりました。 研究期間は5年間となっています。

indonesia1
インドネシア大学での実験

indonesia2
共同研究を行う研究室教授ら(左端-Budiarso教授、右端-Yanuar教授)

Copyright NPO法人 流体エネルギー有効利用研究会 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system